みさき画廊  絵と、暮らすこと

《次の展覧会》 モノクロームの魅力  2018. 5 / 10 thu - 27 sun 〔水曜日休廊〕

展覧会のご案内

いま、福島県立美術館で開催中の「長谷川利行展」と「熊谷守一 生きるよろこび」(愛媛県美術館で開催中!〜 6月17日まで)の図録を取り寄せる。大型連休はぜひお出かけください。長谷川利行展は今秋の9月22日から11月4日の日程で久留米市美術館で開催されます。これもまた、お見逃しなく。

熊谷守一図録

絵と、暮らすこと

画廊から10分ほどの閑静な住宅街に静かに佇む平屋の住宅 S 邸に、山中さんの作品をお届けにいってきました。まずはアプローチの片隅に植えられたクリスマスローズの白い花が印象的、広く設計されたリビングと接するキッチンは、モデルルームのように整理されていて居心地のよい空間に、この家に暮らして5年目らしいが住みはじめて間もないように美しい。庭の緑を通り抜けてくる春の風も爽やか「遠出することが少なくなった」と話すご主人のことば通り、心地よい丁寧な暮らし方がうかがえました。美味しいお茶とお菓子、ごちそうさまでした。

丁寧な暮らし

丁寧な暮らし

山中 現 展 / それぞれのかたち

新緑の美しい季節、山中さんの展覧会いよいよ最終日になりました。会期中の10日間は静謐な作品に囲まれて、静かなな空間にSATIEのピアノはぴったりでした。まずはわたしが一番至福の時を過ごして満足のゆく展覧会になったようです。ご来場いただきましたお客様をはじめ、作品をお買い上げくださいましたお客様には深く感謝申し上げます。引き続きBlog(絵と、暮らすこと)から、山中さんの作品はご覧いただけますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

山中現展

山中現 水色の石

シンプルでやさしい雰囲気の山中さんの木版画は、ほっと和む空間がほしいとお考えの方にはぴったりの作品です。具象と抽象のあいだにあるやさしい色合い、ながく楽しんでいただける大切な存在になると思います。

山中 現 展 / それぞれのかたち
開催中 - 4月22日 日曜日 会期終了致しました。
山中現 水色の石
山中現 水色の石 木版画 308×225mm 限定35部 2004年
額付:52,920円(税込・送料無料) 額サイズ:535×467mm

版画のマチエール

日本画や油絵にくらべれば版画のマチエール(絵肌)は一瞬で作られるが、単純化された色や形は緻密な計算の上に成り立っていることがわかります。作り手(作家)は紙を選びインクを選んで、摺り、捲る一瞬に思いを寄せる。その魅力的なマチエールは近寄ってみることで美しさを感じる繊細な作品なのです。
山中現 空に向かって

山中現 空に向かって 木版画 210×160mm 限定45部 2002年
額付:37,800円(税込・送料別) 額サイズ:440×363mm SOLD