みさき画廊  絵と、暮らすこと

《開催中の展覧会》 没後20年 池田満寿夫展  2017. 5 / 18 thu - 28 sun 〔水曜日休廊〕

池田満寿夫版画 カタログレゾネ

池田満寿夫全版画
池田満寿夫全版画 美術出版社 刊


6月1日発売の『版画芸術』特集は『池田満寿夫レジェンド』らしい、没後20年となる池田満寿夫をあらためて取り上げ版画家としての魅力を再考する企画のようです。今回の画廊での企画展、一ヶ月早かったかな?(笑) 写真の池田満寿夫全版画の一ページ目を飾る「一羽の鳥」リトグラフはいま画廊に展示しています。カタログレゾネは作家の全作品を収録しているので商いをする上では必要ですが、コレクターもしかり。今回入荷の『池田満寿夫の世界展』はそういう意味でレゾネとして使うのには安価でオススメです。

池田満寿夫の世界展
黒田コレクションから 版画家 池田満寿夫の世界展
Masuo Ikeda 
出 版 東京都美術館編集 日本経済新聞社発行 
制作年 平成14年(2002)  
頁 数 326頁 
冊 数 4冊入荷 ● ● ○ ○ 残り2冊
状態等 25.5×19cm 表紙に多少のスレがあります。
解説等 図版1076点+油彩/水彩/フロッタージュ/素描/コラージュ/陶/書 
価 格:4,320円(税込) 送料:360円 日本郵便レターパックにて発送します。


池田満寿男 夏 - 2

没後20年 池田満寿夫展
開催中 〜 28日日曜日まで
12:00 - 18:30 24日水曜日は休廊
池田満寿夫 夏2
夏 2 Summer.2 ドライポイント、ルーレット、エッチング 400×365 1964年
第33回ヴェネツィアビエンナーレ大賞受賞  価格:お問い合わせ下さい。


池田満寿夫〔1934 - 1997〕デビューの60年代から急逝した1997年まで1,000点を超える版画を制作した中から20数点で全てをお伝えするには少なすぎますが、20代の初期銅版画から絶作「人間のすべて」まで年代を追った作品でMasuo芸術を遺産=レガシーとして見直す企画展です。ぜひお出かけください。

池田満寿夫 一羽の鳥

池田満寿夫 一羽の鳥
一羽の鳥 A White Bird リトグラフ 652×502 ed.80 1989

『一羽の鳥』池田満寿夫55歳の時の作品、いまでも60年代、70年代の作品に人気が集まる中で、このリトグラフはどこかパッと抜け出したようで気持ちいい! 大空を飛ぶ鳥が一方向からでなく、背景の海や森らしい色のハーモニーが心を和ませてくれる。コンディションも良く白い壁にかけてみればお洒落なこと間違いないでしょう。この作品、どこかで見たような気がしたのですが、美術出版1991年刊『池田満寿夫全版画』の一頁目に紹介された作品でした。この版画レゾネ当時28,000円と高額でした。

没後20年 池田満寿夫 展

池田満寿夫1

池田満寿夫4 池田満寿夫3 池田満寿夫2

昨日の初日の午後一番に、OBS大分放送のニュースの取材があって一日中忙しくして、更新ができませんでした。どうやら今日の午前中に二ユースで放映していただいたようでお客様もそれをご覧になられてかいつもになく多いです。60年代、70年代とアーティストでこれだけ話題になった人は池田満寿夫ぐらいですかね? 現代は草間彌生かな? 初期のモノクロの銅版画から絶作となった「人間のすべて」1997年まで展示25点ですが、ぜひお出かけください。

没後20年 池田満寿夫展

ヤマボウシ

カシの木の生垣と庭のヤマボウシの緑が美しくなってきました。サツキツツジの花もそろそろ咲き始め一年で一番気持ちのいい季節です。
さて、18日木曜日から没後20年 池田満寿夫展が始まります。先日お客様と話していたら、「池田満寿夫って亡くなったという気がしないね。」と、永遠の青年画家だったような気がしますね、63歳でした。僕が勤めていた画廊を辞めたのも池田満寿夫が亡くなった1997年の3月でした。それだけに思い出が深いのです。苗字も「池田」で一緒ですから。(笑) 没後10年の展覧会も開催して今回の20年、そんなことで絶妙な色彩、リズミカルな線を愉しんでいただければと思います。ぜひお出かけください。 
明日水曜日は定休日のため休みます。