みさき画廊  絵と、暮らすこと

《開催中の展覧会》 筆塚稔尚 展  2017. 6 / 1 thu - 11 sun 〔水曜日休廊〕

FUNAKOSHI Katsura New Prints

舟越桂 離陸
5. 離陸 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25


2013年に続いて二度目の表現になるメゾチントの版画5点と小さなドライポイントの版画1点の、計6点の新作で構成された新作版画展も残すところ3日になりました。
(25日日曜日まで)
黒の技法と呼ばれるメゾチントは、簡単に説明すれば黒い画面を削って白の画面を研ぎ出す明暗と濃淡の銅版画なのです。日本人の作家では長谷川潔、浜口陽三が知られています。舟越さんは黒の画面をサンドペーパーで削って諧調を作るという彫刻家ならではの大胆な作品と、黒の画面から遠く浮遊する「離陸」のようなプリミティブな作品とそれぞれ違った繊細な表現に引き込まれます。以前のスフィンクスとはも一つ違った内なる表現、常に挑戦的、次の彫刻へと繋がる新しい段階に入ったような気がします。ぜひご覧ください。

舟越 桂 新作版画展

舟越桂新作版画展

 舟越桂新作版画展 舟越桂新作版画展

展覧会の最初の土曜日、お客様も平日にくらべると多い一日でした。午後からの営業ですから一日があっという間に過ぎてしまいます。舟越さんの版画、新作とこれまでの作品を合わせて16点展示しました。今の仕事を見ていただくのには新作が、それでも前のリトグラフや銅版画も魅力的な作品が多いです。愉しんでいただきながらお客様も迷われます。明日は日曜日、お時間があればお出かけくださいませ。

舟越 桂 新作版画展

2017年  新作版画

舟越桂 青い頭巾
1. 青い頭巾 メゾチント、ドライポイント、アクアチント 695×530mm ed.25
 額付:367,200円(税込・送料無料) ●●  版元 完売


舟越桂 ヘルメット
2. ヘルメット メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 海への言葉
3. 海への言葉 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 少年
4. 少年 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 離陸
5. 離陸 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 海に届くために
6. 海に届くために ドライポイント、エングレービング 301×240mm ed.25
 額付:124,200円(税込・送料無料) ●●

舟越 桂 版画展 展示2《過去の作品から》

舟越桂 眠るの街へ
7. 眠りの街へ リトグラフ 760×560mm ed.50 1993年


舟越桂 長い曲
8. 長い曲 リトグラフ 760×560mm ed.50 1993年


舟越桂 高い木の上で
9. 高い木の上で リトグラフ 760×570mm ed.50 1994年


舟越桂 会話の帽子
10. 会話の帽子 リトグラフ 660×500mm ed.50 1994年 SOLD


舟越桂 私の中のスフィンクス
11. 私の中のスフィンクス ダイレクトグラビア 940×770mm 2008年


舟越桂 スフィンクス、問う
12. スフィンクス、問う ダイレクトグラビア 940×770mm 2008年


舟越桂 砂の町のスフィンクス
13. 砂の街のスフィンクス アクアチント、ソフトグラウンド、エングレービング、
 ドライポイント 695×575mm 2008年


舟越桂 言葉の帽子
14. 言葉の帽子 アクアチント、スピットバイト、ソフトグラウンド、ドライポイント
 705×582mm ed.40 1998年 SOLD


舟越桂 眠りの街のスフィンクス
15. 眠りの街のスフィンクス ソフトグラウンド、エングレービング、ドライポイント
 695×575mm ed.25 2008年 SOLD


舟越桂 夜を眠らず
16. 夜を眠らず アクアチント、エングレービング、ドライポイント 
 685×575mm ed30 2005年

舟越 桂 新作版画展

2017年6月15日木曜日 - 25日日曜日
12:00 - 18:30 21日水曜日休廊

日本を代表する現代彫刻家 - 舟越桂さんの4年ぶりの新作版画展を開催いたします。’80年代から楠を素材にどこか遠くを見つめる静謐な木彫像を制作、その幻想的な視線の先は、過去、それとも未来を見つめるような - 静かな時が流れ、見る人の心を癒してくれます。今回の新作版画は前回に続いてのメゾチントの技法。サンドペーパーなどで直接に削って諧調作るという彫刻家ならではの独自の方法で制作、これまで様々な制作方法で挑戦し変化をし続ける舟越桂の版画作品を、ぜひご覧下さい。 

 新作版画6点を中心に、旧作も含め全15点を展示いたします。

舟越桂新作版画展 2017