みさき画廊  絵と、暮らすこと

《次の展覧会》 望月通陽展 花の中から こだまになって  2018. 10 / 4 thu - 14 sun 〔水曜日休廊〕

望月通陽 地軸 ブロンズ

望月通陽展
花の中から こだまになって
2018年10月4日(木)-14日(日)
12:00 - 18:30 水曜日休廊

田んぼの畦、いつもの場所で彼岸花が咲き始めました。庭では百舌が鳴き、やっと秋を感じさせる頃になりました。この秋一番の展覧会が望月通陽さんの個展です。昨日ご紹介しました小さな「つつ描き」白い額に入って可愛らしいものです。「地軸」と名づけられたブロンズも小さなものですがこれもまたいいな。さて、どう展示しょうかとそれも僕の楽しみ。
望月通陽 地軸
望月通陽 地軸 ブロンズ(ロストワックス)ed.1/1 高さ 14.0cm(台座を含む)

望月通陽展 花の中から こだまになって

望月通陽展
花の中から こだまになって
2018年10月4日(木)-14日(日)
12:00 - 18:30 水曜日休廊

画廊22年目、爽やかな秋の日の最初の展覧会が望月通陽さんの個展です。望月さんから新作、近作の作品が届きました。小さな額に入った、つつ描きをはじめブロンズ、鋳造ガラス、和紙、布の染め額など約50点を展示いたします。ぜひご覧くださいますよう、ご案内申し上げます。
望月通陽 生きるってことはつまり冗談
望月通陽 生きるってことはつまり冗談 つつ描き 画面 6.0×6.0cm
額サイズ 20.0×20.0cm 木製 白塗装 / 青野木工
〔つつ描き〕は一点の作品です。追加のご注文は出来ません。

アートフェアアジア福岡 2018

気がつけば画廊は9月5日が誕生日、21周年を迎えることができました。感謝申し上げます。また明日から22年目がはじまります。アートフェア福岡への荷物を出します。いろいろと揃えていたら点数が増えてしまいました。明日は搬入日、いい展示になると思います。会場でお声かけいただければ嬉しいです。

AFAF 2018 rogo

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2018
2018. 9 / 7 fri. - 9 / 9 sun.

〔会期〕
 7日 金曜日 プレビュー 招待者 & プレス関係者のみ
 8日 土曜日・ 9日 日曜日  一般公開
〔会場〕 ホテルオークラ福岡 9階  福岡市博多区下川端町3-2
 チケット|Ticket 前売 1 DAY Pass ¥1,500・2 DAY Pass ¥2,500 / 当日 1 DAY Pass ¥1,500
 〔前売〕チケットピアのみ取り扱い 〔当日〕会場受付にてお求めください



〔出展作家〕 扇田克也|望月通陽|山口茉莉|山中 現|菅野由貴子|
       鈴木敦子|武田史子|林 孝彦|原 陽子|安井寿磨子|
       安元亮祐|香月泰男|

山口茉莉 古い町並み

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2018
2018. 9 / 7 fri. - 9 / 9 sun.

〔会期〕
 7 fri.  Preview VIP & Press 〔Invitation only〕 
 8 sat. ・ 9 sun.   一般公開
〔会場〕 ホテルオークラ福岡 9階  福岡市博多区下川端町3-2
 チケット|Ticket 前売 1 DAY Pass ¥1,500・2 DAY Pass ¥2,500 / 当日 1 DAY Pass ¥1,500
 〔前売〕チケットピアのみ取り扱い 〔当日〕会場受付にてお求めください



いよいよアートフェアアジア福岡まで5日となりました。今回初めてご紹介します山口茉莉は愛知県の生まれ、2008年女子美術大学大学院修了。版画と陶の立体「空想建築」題した作品シリーズを制作、手のひらにおさまる小さな世界に、過去の人々の生活した痕跡を残すような物語をイメージさせる作品です。ご来場の上、ぜひご覧くださいませ。
山口茉莉 古い町並み
山口茉莉 古い町並み 磁土(セラミック)釉薬 H10.5×W9.0×D8.0cm SOLD

扇田克也 庭の要素シリーズから

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2018
2018. 9 / 7 fri. - 9 / 9 sun.

〔会期〕
 7 fri.  Preview VIP & Press 〔Invitation only〕 
 8 sat. ・ 9 sun.   一般公開
〔会場〕 ホテルオークラ福岡 9階  福岡市博多区下川端町3-2
 チケット|Ticket 前売 1 DAY Pass ¥1,500・2 DAY Pass ¥2,500 / 当日 1 DAY Pass ¥1,500
 〔前売〕チケットピアのみ取り扱い 〔当日〕会場受付にてお求めください



アートフェアアジア福岡の初回からご紹介してまいりました扇田克也さんのコールド・キャストガラスの作品、今回は『CUBE』のガラスをご紹介します。HAUSEやCUBEといった簡潔なかたちの中に、静謐で柔らかな光を湛える扇田克也の世界をご覧ください。

 〔出展作家〕 扇田克也|望月通陽|山口茉莉|山中 現|ほか
扇田克也 庭の要素
 扇田克也 庭の要素シリーズから

山口茉莉 砂の迷宮都市1

8月も最後の週に入り週末には9月になります。夏は夏らしく暑い方がいいと言いますが、それにしても経験したことがない酷暑と、経験したことのない豪雨の夏でした。散歩道、雲は高く、雑草の下に赤い曼珠沙華を見つけ、秋はすぐそこまでやってきているようです。
仕事柄、芸術の秋を楽しんでいただきたく、『アートフェアアジア福岡 2018』にぜひともご来場くださいませ。

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2018
2018. 9 / 7 fri. - 9 / 9 sun.

〔会期〕
 7 fri.  Preview VIP & Press 〔Invitation only〕 
 8 sat. ・ 9 sun.   一般公開
〔会場〕 ホテルオークラ福岡 9階  福岡市博多区下川端町3-2
 チケット|Ticket 前売 1 DAY Pass ¥1,500・2 DAY Pass ¥2,500 / 当日 1 DAY Pass ¥1,500
 〔前売〕チケットピアのみ取り扱い 〔当日〕会場受付にてお求めください



山口茉莉 砂の迷宮都市1
山口茉莉 Mari Yamaguchi 砂の迷宮都市1 Maze city-sand1
樹脂陶土 H12.0×W14.0×D14.0cm 2017年

■ 山口茉莉 Mari YAMAGUCHI
 1983年 愛知県生まれ
 2006年 女子美術大学卒業(卒制買上げ賞)
 2007年 全国大学版画展(買上げ賞)
 2008年 女子美術大学大学院修士課程修了
 2008 - 2011年 女子美術大学版画研究室 助手
 2012年 - 現在 女子美術大学非常勤講師

〔収蔵〕
 町田国際版画美術館
 女子美術大学美術館(JAM)
 台北芸術大学関渡美術館(台湾)
 佳南薬理化大学美術館(台湾)

アートフェア アジア 福岡 2018

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2018
2018. 9 / 7 fri. - 9 / 9 sun.

〔会期〕
 7 fri.  Preview VIP & Press 〔Invitation only〕 
 8 sat. ・ 9 sun.   一般公開
〔会場〕 ホテルオークラ福岡 9階  福岡市博多区下川端町3-2
 チケット|Ticket 前売 1 DAY Pass ¥1,500・2 DAY Pass ¥2,500 / 当日 1 DAY Pass ¥1,500
 〔前売〕チケットピアのみ取り扱い 〔当日〕会場受付にてお求めください



アートフェアに展示する望月通陽さんの型染めの作品の額装が出来上がってきました。画廊オリジナルの額縁は東京の小林額縁さん、いつも美しく丁寧な額装で作品も映えます。山中現さんのガラス絵も出来上がってきました。開催まであと2週間になりました。さて、どんな展示になりますか、ご期待ください。

 〔出展作家〕 扇田克也|望月通陽|山口茉莉|山中 現|ほか
望月通陽 風と残像
望月通陽 風と残像 型染め・麻布(山桃)33.0×26.0cm 2005年

■ 望月通陽 Michiaki MOCHIZUKI

1953年 静岡市生まれ。
1995年 講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。
2001年 ボローニャ国際児童図書展賞受賞。
2016年 長野県東御市の梅野記念絵画館にて個展「やがて行く庭」開催。

染色、ガラス絵、ペン画、ブロンズ、鋳造ガラス、木彫、陶など多様 な技法を用い、ユーモアに満ちた形と線で独自の作品世界を築いている。
「宮本輝全集(全14巻)」などの装幀、装画も多数。光文社・古典新訳文庫カバー画など手掛ける。
著作に画文集「道に降りた散歩家」「方舟に積むものは」作品集に「円周の羊」などがある。

アートフェア アジア 福岡 2018

《予告》 9月は『アートフェア アジア 福岡 2018』に出展いたします。

ART FAIR ASIA FUKUOKA 2018
2018. 9 / 7 fri. - 9 / 9 sun.

〔会期〕
 7 fri.  Preview VIP & Press 〔Invitation only〕 
 8 sat. ・ 9 sun.   一般公開
〔会場〕 ホテルオークラ福岡 9階  福岡市博多区下川端町3-2
 チケット|Ticket 前売 1 DAY Pass ¥1,500・2 DAY Pass ¥2,500 / 当日 1 DAY Pass ¥1,500
 〔前売〕チケットピアのみ取り扱い 〔当日〕会場受付にてお求めください



第4回目となる現代美術の祭典「ART FAIR ASIA FUKUOKA」に今年も出展いたします。現代アートシーンをリードする国内外37のギャラリーが福岡に集結し、ホテルオークラ福岡の客室がアート空間へと変貌いたします。ぜひご来場くださいますようご案内申し上げます。

 〔出展作家〕 扇田克也|望月通陽|山口茉莉|山中 現|ほか
山口茉莉 空想建築
山口茉莉 Mari Yamaguchi 迷宮都市-白い塔1 Maze city-WT1
磁器 W8.5 × D8.5 × H9.0cm 2018

■ 山口茉莉 Mari YAMAGUCHI
 1983年 愛知県生まれ
 2006年 女子美術大学卒業(卒制買上げ賞)
 2007年 全国大学版画展(買上げ賞)
 2008年 女子美術大学大学院修士課程修了
 2008 - 2011年 女子美術大学版画研究室 助手
 2012年 - 現在 女子美術大学非常勤講師

〔収蔵〕
 町田国際版画美術館
 女子美術大学美術館(JAM)
 台北芸術大学関渡美術館(台湾)
 佳南薬理化大学美術館(台湾)

八月のガラス絵

八月のガラス絵  picture painted on glass 
2018年 開催中 - 8月26日 日曜日まで
12:00 - 18:30 水曜日休廊
8月12日(日)~15日(水) は夏季休廊させていただきます。

安藤真司・菅野由貴子・鈴木敦子・武田史子・林 孝彦
原 陽子・安井寿磨子・望月通陽・安元亮祐・山中 現

ガラス絵5

 ガラス絵1 ガラス絵2 ガラス絵3 ガラス絵4

山中現 四つの星 ガラス絵

モノトーンの時代からくらべると山中さんの油彩やガラス絵は透明で明るくなった。作風も家族と寄り添う『家』であったり『母と子』だったりとかわってきた。それでもやっぱり山中さんのもつ繊細な感性と、素朴な表現にはかわりがない。いつまでもやさしく、ゆっくりとした時間がそこにはある。
山中現 四つの星 ガラス絵
 山中現 四つの星 ガラス絵 15.0×10.5cm SOLD

望月通陽 私はすでに聞いています ガラス絵

ずいぶん前のことですが大阪のギャラリーで望月さんのガラス絵を初めて見ました。このガラス絵は「欲しいな」と思ったのが望月さんとのお付き合いの始まりでした。そして最初の個展は染めとガラス絵でした。6月にお会いして久しぶりにガラス絵を送ってもらいました。素朴な線と静謐な画面はあいかわらず僕の琴線に触れてきます。
望月通陽 私はすでに聞いています
望月通陽 私はすでに聞いています ガラス絵 19.8×14.8cm

原 陽子 境目の風景#2 ガラス絵

ガラス絵の魅力3

油彩やアクリル、油性パステル、ペンなどを使って頭の中のイメージを一気に描いていくガラス絵、ガラスに密着した絵の具の色は鮮やかで美しい。暮らしのなかの出来事や、目にしたモノのイメージを断片的に残していく原さんの作品、線描の表面から背景へと重なっていく色のひとつひとつが美しく、彼女のセンスがひかる、ストレートでお洒落なガラス絵です。。
原陽子 境目の風景#2 ガラス絵
 原 陽子 境目の風景#2 ガラス絵 15.0×15.0cm SOLD

林孝彦 D-23.may.2018 ガラス絵

ガラス絵の魅力2

透明なガラスの裏側に絵を描いてガラス面を通して鑑賞する。それは通常の絵画とは逆の描き方で絵具をかさね、ガラスに直接彩色された色合いは鮮やかで独特の魅力があります。林孝彦さんのガラス絵は、緻密に計算された構成と銅版画家ならではの技(ワザ)、それは不思議な魅力あふれる宝石のような美しさをもった絵画です。ぜひご覧ください。
林孝彦 ガラス絵 D23 May
  林孝彦 D-23.may.2018 ガラス絵 15.0×10.5cm SOLD

武田史子 蒼い壺 ガラス絵

ガラス絵の魅力

ガラス絵の歴史は古く、中世ヨーロッパの宗教画に始まって、日本には江戸の中期に伝わりました。作家たちの表現としては昭和初期から戦後にかけて長谷川利行、小出楢重、藤田嗣治、川上澄生、木版画家の清宮質文たちが、ヨーロッパではクレーやカンディンスキーもガラス絵を描いています。

武田史子 蒼い壺 ガラス絵
  武田史子 蒼い壺 ガラス絵 8.8×6.8cm SOLD

菅野由貴子 遊覧飛行

八月のガラス絵  picture painted on glass 
2018年 8月9日(木)-26日(日)
12:00 - 18:30 水曜日休廊
8月12日(日)~15日(水) は夏季休廊させていただきます。

豪雨と猛暑の7月も終わって8月に入りました。経験したことの無いようなお天気に颱風まで進路を迷走、猛暑に負けず8月も頑張ります。ご案内の通り『八月のガラス絵』8/9日(木曜日)- 26日(日曜日)まで、途中、8/12日 - 15日はお盆休みをいただきます。暑い夏ですが、珠玉の小品、小さなガラス絵は爽やかで涼しげです。画廊も涼しくしてお待ちしています。
菅野由貴子 遊覧飛行
 菅野由貴子 遊覧飛行 10.0×10.0cm SOLD

8月の展覧会の ご案内

八月のガラス絵  picture painted on glass 
2018年 8月9日(木)-26日(日)
12:00 - 18:30 水曜日休廊
8月12日(日)~15日(水) は夏季休廊させていただきます。

ガラス絵はガラスの裏側から油彩やアクリル、水彩などで彩色された作品です。どれも小さなものばかりですが、それだけに繊細で透明感があり明るいのが魅力です。
酷暑の折、丁寧に描かれたちょっとだけ涼やかなガラス絵をお楽しみ下さい。

安藤真司・菅野由貴子・鈴木敦子・武田史子・林 孝彦
原 陽子・安井寿磨子・望月通陽・安元亮祐・山中 現

武田史子 夢の鳥 ガラス絵
 武田史子 夢の鳥 ガラス絵 12.5×9.0cm SOLD

版画×盆栽 展 Print&Bonsai

版画×盆栽 展 Print&Bonsai
7月21日土曜日 - 29日日曜日
11:00 - 18:00 会期中無休

GALLERY SHIMAZU
810-0022 福岡市中央区薬院4丁目18-21 1階

福岡市中央区薬院で盆栽を中心にしたGALLERY SHIMAZUさんで、今日からはじまりました。(29日 日曜日まで、会期中無休)暑い日が続きますが、どうぞお出かけ下さいませ。

版画と盆栽

版画と盆栽

福岡で、版画と盆栽展

版画×盆栽 展 Print&Bonsai
7月21日土曜日 - 29日日曜日
11:00 - 18:00 会期中無休

GALLERY SHIMAZU
810-0022 福岡市中央区薬院4丁目18-21 1階

福岡市中央区薬院で盆栽を中心にしたギャラリーを開くGALLERY SHIMAZUさん、店内には李朝の家具を配置して掛け軸をかけて丹精込めた盆栽と見立てる。ご長男が生まれたばかりの若いオーナーの島津さんが手塩にかけた盆栽はなんとも素晴らしいものばかり。今回、僕の持っている版画たちとコラボした展覧会を企画してくれました。どうぞ版画と盆栽、見立ての粋をぜひご覧ください。


版画と盆栽 版画と盆栽

望月通陽 イザヤ書 56章12節 和紙型染め

さあ、酒を手に入れよう。強い酒を 浴びるように飲もう。明日も今日と同じこと。いや、もっと素晴らしいに違いない。 - イザヤ書56章12節 -
望月通陽 ISAIA56-12
望月通陽 イザヤ書 56章12節 ISAIA 56-12 和紙、型染め 画面:41.0×26.0cm
額付:32,400円(税込・送料無料) 
額サイズ:60.0×45.0cm フランスマット仕上げ(小林額縁)

コレクションの誘い

キモカワイイ絵は好きではないし、我が家には凛とした現代アートは似合わない。おいても落ち着かない。人の手仕事の残る版画や油彩、デッサンなど、小さくても想像力を掻き立ててくれる絵に、ついつい目がいってしまうのは私だけではないと思います。『美』に心動く、そんな絵をならべてみました。どうぞお出かけください。
香月泰男 母子像
 香月泰男 母子像 リトグラフ 36.0×27.6cm 1971年