みさき画廊  絵と、暮らすこと

《次の展覧会》 an・i・mal ゆかいな仲間たち  2019. 6 / 6 the - 16 sun 〔水曜日休廊〕

福岡での展覧会のお知らせ

福岡の糸島で盆栽を育てている島津さんのギャラリー(中央区薬院4丁目18-21)で3回目となる『版画と盆栽』の展覧会を企画していただきました。新緑の美しい季節に盆栽と版画のコラボレーションです。暮らしの中で、絵を掛け、盆栽を置き、美しい空間を作ること、普段の暮らしに、ふと目を止めたくなるような、そんな空間です。玄関でもリビングでもよし、小さな床の間のような空間を提案いたします。ぜひご来場ください。

版画 × 盆栽展
会場:GALLERY SHIMAZU
日時:2019年6月1日(土) - 9日(日) 11:00-18:00 会期中無休
〒810-0022 福岡市中央区薬院4丁目18-21
 GALLERY SHIMAZU

出品アーティスト
青木野枝 今村由男 岡田まりゑ 木村繁之 原 陽子 林 孝彦 
筆塚稔尚 舟越 桂 辰野登恵子 若月公平 佐藤妙子 山口茉莉
山本容子 山城有未 山中 現 ほか

   版画と盆栽展

安元亮祐 Reiwa cat Ⅳ 2019

animal
ゆかいな仲間たち 2019年6月6日(木)- 16日(日)水曜日休廊

暮らしの中で心を和ませてくれる動物たちの絵をご紹介します。犬あり猫ありウサギあり、アートになった「ゆかいな仲間たち」それぞれの個性あふれる作品を ぜひご覧ください。

  小林裕児 武田史子 田中涼子 釣谷幸輝 齋藤悠紀
  山口茉莉 山本容子 安元亮祐 見崎彰広 綿引明浩
  安井寿磨子 …ほか
安元亮祐 Reiwa cat Ⅳ
 安元亮祐 Reiwa cat Ⅳ 水彩、墨、ドローイング 36.5x22.5cm 2019

岡田まりゑ 明日また会えるうれしさ と

きょうは久しぶりに雨のお天気、2週間ぶりかな。山の緑、庭の木々たちが雨粒に光り輝いて見えます。岡田まりゑさんの展覧会もいよいよ明日までになりました。展覧会初日にお見えになられたMさんご夫婦、暮らしの中に美しいものを飾りたい、どれにしようかと迷われこの「明日また会えるうれしさ と」をお求め頂きました。今回の作品は小品ですが存在感のあるものばかり、ご自宅の塗り壁にはきっとお似合いかと思います。

 つづる、えがく、コトバ
 岡田まりゑ 新作展  開催中 - 5月19日(日曜日)まで
岡田まりゑ 明日また会えるうれしさ と
 岡田まりゑ 明日また会えるうれしさ と  銅版画、顔彩 画面サイズ:10×10cm
 額サイズ:17×17cm SOLD

竹笋生ず

今朝ラジオの天気予報できょうは七十二候の「竹笋生ず」だと言っていましたが、母が朝の散歩の帰りに河川敷で真竹の筍が出はじめたといって5、6本持って帰ってきました。今朝はホトトギスの鳴き声を聴いて、裏庭では今年もモズが巣造りを始めたようです。季節が一気に変わりました。岡田まりゑさんの展覧会もあと3日になりました。どうぞお見逃しなく、お出かけくださいませ。

 つづる、えがく、コトバ
 岡田まりゑ 新作展
 開催中 - 5月19日(日曜日)まで

岡田まりゑ展

岡田まりゑ すずなりの 昨日は

きょうの大分は薄曇り、時々小雨の降るお天気です。岡田まりゑさんの展覧会も後半を折り返して5日あまりになりました。きようご紹介の「すずなりの 昨日は」銅版画に顔彩で紅いドットのある作品、筆跡のにじみが画像よりも鮮やか、細部にわたって彼女の繊細さが伝わってきます。明日は水曜日で休ませていただきます。
岡田まりゑ すずなりの 昨日は
 岡田まりゑ すずなりの 昨日は  銅版画、顔彩 画面サイズ:10×10cm
 額サイズ:17×17cm 額付:22,680円(税込・送料別)

岡田まりゑ いつしか叶う

小さな箱額の中に納められた作品たちはどうかすればスルリと見逃されてしまうかもしれない。銅版画に顔彩による手彩色、絵の具の滲みとキラリと光る銀色の絵の具、作品の前で静かに対峙すればきっと心を揺さぶられる、暮らしの中に何もない空間を作って置いてみてほしい作品たち。
岡田まりゑ いつしか叶う
 岡田まりゑ いつしか叶う  銅版画、顔彩 画面サイズ:10×10cm
 額サイズ:17×17cm 額付:22,680円(税込・送料別)

岡田まりゑ ヒカリ

気持ちいい五月晴れに恵まれて個展3日目、今日もキラキラとヒカリ輝く暑い天気になりました。もう半袖のシャツでもいいですね。Marieさんの銅版画「ヒカリ」あざやかな黄色の網目模様、絵の具の盛り上がり(マチェール)には彼女の技術の確かさがあります。どの作品にも不思議なのびやかさとやすらぎを感じます。
岡田まりゑ ヒカリ
 ヒカリ エッチング 17.5×17.5cm 限定20部
 額サイズ:27.0×27.0cm 額付:24,300円(税込・送料別)

岡田まりゑ それを届けに

きょうの大分は五月晴れの空になりました。花の香りを漂わせながら吹く風が心地よく、山の緑も深くなって一年でいちばん過ごしやすい季節です。花を生け、絵をかけ変えてそろそろ夏の準備はいかがでしょうか。

岡田まりゑ それを届けに
  岡田まりゑ それを届けに  銅版画、顔彩 画面サイズ:10×10cm
  額サイズ:17×17cm 額付:22,680円(税込・送料別)

岡田まりゑ新作展 始まりました。

朝方は小雨の降るお天気でしたが、午後からは空も明るくなって晴れの天気になりそうです。さて、岡田まりゑ新作展いよいよ始まりました。銅版画に手彩色の小品からBOXの作品、新作銅版画などなどさわやかな作品が並んでいます。ぜひ ご覧ください。また明日10日と11日は岡田まりゑさんも来店いたします。お気軽にお出かけください。


ヒトやモノ、動物、植物などのかたちが漂う岡田まりゑさんの新作展を開催いたします。
美しく軽やかな色彩、ときめくカタチ、和紙を染め銅版画と手彩色で制作された作品を中心に展示いたします。

 つづる、えがく、コトバ
 岡田まりゑ 新作展 2019年 5月9日(木)- 19日(日)
 ■ 5月10日(金)・11日(土)岡田まりゑさん来廊いたします。

 日々の想いを綴る。そして、それでは伝えきれないトコロの空気を
 描きたいと思っています。
                       - 岡田まりゑ -

岡田まりゑ展

 岡田まりゑ展 岡田まりゑ展

岡田まりゑ 川のほとりを

昨日は『立夏』、山の緑も深くなって雲ひとつない五月晴れの季節、令和になって仕事はじめの方々も多いと思います。画廊は9日木曜日から「岡田まりゑ新作展」です。五月の風のようなさわやかな作品がならびました。ぜひお出かけください。

 つづる、えがく、コトバ
 岡田まりゑ 新作展 2019年 5月9日(木)- 19日(日)
 ■ 5月10日(金)・11日(土)岡田まりゑさん来廊いたします。

岡田まりゑ 川のほとりを
 岡田まりゑ 川のほとりを 歩いて 銅版画に顔彩 10.0×10.0cm 
 額サイズ:17.0×17.0cm 額付:22,680円(税込・送料別)

令和元年初めの展覧会

ヒトやモノ、動物、植物などのかたちが漂う岡田まりゑさんの新作展を開催いたします。
美しく軽やかな色彩、ときめくカタチ、和紙を染め銅版画と手彩色で制作された作品を中心に展示いたします。

 つづる、えがく、コトバ
 岡田まりゑ 新作展 2019年 5月9日(木)- 19日(日)
 ■ 5月10日(金)・11日(土)岡田まりゑさん来廊いたします。

 日々の想いを綴る。そして、それでは伝えきれないトコロの空気を
 描きたいと思っています。
                       - 岡田まりゑ -

岡田まりゑ展

岡田まりゑ展



岡田まりゑ 略歴 Marie OKADA
横浜に生まれる、武蔵野美術大学卒業
1991 日本具象版画展〔優秀賞〕受賞
1995 第63回日本版画協会展〔準会員賞〕受賞 
1996 第2回国際ミニプリントビエンナーレ 受賞
1998 みさき画廊にて個展(2014年)
2008 第4回山本鼎版画大賞展〈サクラクレパス賞受賞〉
現在 / 東京都在住

岡田まりゑ 新作展

ヒトやモノ、動物、植物などのかたちが漂う岡田まりゑさんの新作展を開催いたします。
美しく軽やかな色彩、ときめくカタチ、和紙を染め銅版画と手彩色で制作された作品を中心に展示いたします。

 つづる、えがく、コトバ
 岡田まりゑ 新作展 2019年 5月9日(木)- 19日(日)
 ■ 5月10日(金)・11日(土)岡田まりゑさん来廊いたします。

 日々の想いを綴る。そして、それでは伝えきれないトコロの空気を
 描きたいと思っています。
                       - 岡田まりゑ -
岡田まりゑ展


岡田まりゑ 略歴 Marie OKADA
横浜に生まれる、武蔵野美術大学卒業
1991 日本具象版画展〔優秀賞〕受賞
1995 第63回日本版画協会展〔準会員賞〕受賞 
1996 第2回国際ミニプリントビエンナーレ 受賞
1998 みさき画廊にて個展(2014年)
2008 第4回山本鼎版画大賞展〈サクラクレパス賞受賞〉
現在 / 東京都在住

GABBEHと古く美しきもの

GABBEHと古く美しきもの
開催中〜21日(日曜日)まで

日差しが強くなって一気に初夏を思わせる陽気になりました。「GABBEHと古く美しきもの」も残すところあと3日になりました。週末まではお天気も続きそうです。お出かけくださいませ。

GABBEHと古く美しきもの

Old Gabbeh

GABBEHと古く美しきもの
開催中〜21日(日曜日)まで

Gabbehをご紹介して10年目になります。手本や図案はなく即興で織り上げられるGabbehは自然の暮らしの中から、花や星、人、動物そして幾何学模様などモダンアートに通じる豊かな感性を秘めています。世界に一つだけの絨毯、この市松模様(チェスブロック文)の1950年代のガベは好みの柔らかさで使いやすい。
Old Gabbeh
 Old Gabbeh 市松模様(チェスブロック文)152×93cm 1950年代 SOLD

GABBEHと古く美しきもの

GABBEHと古く美しきもの 古代オリエントから

2019年4月13日(土)- 21日(日)
12:00 - 18:30 水曜日休廊
■ 4月13日(土)・14日(日)小野善平さん在廊いたします。

 今年も岡山のGallery ONOの小野善平さんの眼で蒐められた「Gabbehと古く美しいもの」が集います。Gabbehは60年ほど前に織り上げられたOLDと現在のものを、考古美術は古代オリエントから受け継がれ時を超えてきたものたちを展示いたします。ぜひご覧ください。
Gabbeh カシュクリ
  Gabbeh カシュクリ 171×120cm

4月の展覧会のお知らせ

GABBEHと古く美しきもの 古代オリエントから
2019年4月13日(土)- 21日(日)
12:00 - 18:30 水曜日休廊
4月13日(土)・14日(日)小野善平さん在廊いたします。

 今年も岡山のGallery ONOの小野善平さんの眼で蒐められた「Gabbehと古く美しいもの」が集います。Gabbehは60年ほど前に織り上げられたOLDと現在のものを、考古美術は古代オリエントから受け継がれ時を超えてきたものたちを展示いたします。ぜひご覧ください。
GABBEHと古く美しきもの

山中 現 蓮

木版画の展覧会も残すところあと3日になりました。こうして展示してあらためて版画の魅力を考えると、どれも完成度の高さ、ちょうどいい距離感、それと美術品の中では求めやすい価格であること、暮らしを楽しむ美術の入門として版画は好適だと思います。展覧会は日曜日まで、ぜひご覧ください。

再考 / 木版画の魅力
開催中 - 3月31日(日曜日)まで
12:00 - 18:30 水曜日休廊

青木野枝 磯見輝夫 井田照一 柄澤 齊 木村繁之
黒崎 彰 鈴木敦子 筆塚稔尚 竹崎勝代 釣谷幸輝
名嶋憲児 早川順子 山中 現 伊藤亜矢美 …ほか
山中現 蓮
 山中 現 蓮(Line) 和紙・木版 23.3×16.0cm ed.45 2008年 SOLD

鈴木敦子

木版画

鈴木敦子 沢山の思い出

   沢山の思い出

鈴木敦子 待ち人

   待ち人



『午後の光』限定特装本

鈴木敦子 街の空(朝)

 街の空(朝)

鈴木敦子 街の空(昼)

 街の空(昼)



鈴木 敦子 Atsuko Suzuki

1968 愛知県生まれ。
レオナルド・ダ・ヴィンチの素描を美術館で観て美しさに惹かれる。中学に入学し、美術の道に進みたいと思い始める。この頃はユトリロが好きだった。美術大学進学のため、予備校に通う。講師の一人に奈良美智氏。クリムトに興味を持つ。
1987 名古屋芸術大学美術学部絵画科に入学。夏休み中、版画講師の薦めにより木版画を制作。
それ以降油絵と平行して卒業まで制作する。クレーの作品に興味を持つ
1991 名古屋にて油絵と版画による初個展。この個展をきっかけに木版画制作が中心になる
<中部春陽会新人賞受賞>。現代版画NAGOYA出品(~’96まで毎年出品)
1993 千葉県に転居
1994 春陽会<入選>(~’00まで毎年出品)この年から毎年個展をするようになる
1995 鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展<入選-97、98も入選>
1996 鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展<準大賞受賞>
1999 山本鼎版画大賞展<入選>
2000 清宮質文展を観て刺激を受ける
2002 現代版画NAGOYA20周年記念展に出品する
2003 鈴木敦子新作展 「僕と月」(不忍画廊)
2004 鈴木敦子新作展 「今日が始まる」(不忍画廊)
2005 詩画集『午後の光(詩:垣内磯子/画:鈴木敦子)』刊行、
「詩画集『午後の光』刊行記念展』(東京、富山、和歌山、大阪、大分、郡山、筑西、豊橋)
2006 鈴木敦子新作展 「夢のあと」(不忍画廊)
2007 版画フェスティバル 特集展示(ギャラリートーク開催) (日本橋三越)
「新収蔵品展-鈴木敦子 樋勝朋巳-」(須坂版画美術館)
鈴木敦子新作展 「またね」(不忍画廊)
2008「『招き猫亭』コレクションによるネコ画名作展 ねこまみれ」(カスヤの森現代美術館)
2009「HAPPY WORKS!!」(不忍画廊)、鈴木敦子新作展「約束の日」(不忍画廊)
「ねこまみれ-吾輩はネコキチである」(東御市梅野記念絵画館)
2010「プリュス – トウキョウ・コンテンポラリーアートフェア」(東美アートフォーラム)
2011 鈴木敦子新作展「soraとmichi」(不忍画廊)
「招き猫亭コレクション 猫まみれ~ようこそ猫の迷宮へ~」(山形美術館、笠間日動美術館)
「ウサギマミレ、マレニネコ」(不忍画廊)
2012 「鈴木敦子 2003-2012 全作品集」刊行記念展(みさき画廊)
2013 鈴木敦子「この空の向こう」(みさき画廊)
『この空の向こう 金子みすゞの世界を詠う 木版画の詩人 鈴木敦子展』(瀬戸内市立美術館)
『鈴木敦子・岩佐徹二人展 - 清宮質文さまへ -(清宮質文展と同時開催)』(須坂版画美術館)
2015 釣谷幸輝+鈴木敦子新作展〝ちいさい秋 あおい秋〟

筆塚稔尚 かなりや

筆塚さんの木版画は油性インクを使った木版です。刷り重ねて絵を作っていくことで油彩画のようなマチエールが特徴です。そういった意味では和紙に染め上げるような水性木版画とは違った味わいがあります。

筆塚稔尚 かなりや
 筆塚稔尚 かなりや 油性木版画 18×16cm ed.30 残1点
 額付:25,000円(税込・送料別)

鈴木敦子 待ち人

鈴木敦子 待ち人
 鈴木敦子 待ち人 木版画 17.3×11.0cm 限定25部 残1部
 額付:27,000円(税込・送料別)


鈴木 敦子 Atsuko Suzuki

1968年 愛知県生まれ。
1991年 名古屋芸術大学美術学部絵画科卒業。
     名古屋にて油絵と版画による初個展。
     中部春陽会新人賞受賞、現代版画NAGOYA出品('96まで毎年)
1994年 春陽会入選(~’00まで毎年出品)この年から毎年個展。
1995年 鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展入選-97、98も入選。
1996年 鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞展準大賞受賞。
1999年 山本鼎版画大賞展入選.
2002年 現代版画NAGOYA20周年記念展に出品する。
2005年 詩画集「午後の光」出版を記念して全国巡回個展を開催。
2006年 木版画集『夢のあと』『なつのあと』刊行。
 現在 / 埼玉県在住