みさき画廊  絵と、暮らすこと

《次の展覧会》 ガラス絵展 picture painted on glass  2017. 8 / 3 thu - 27 sun 〔水曜日休廊〕

野田雄一 宇宙卵

野田雄一 宇宙卵
宇宙卵2 ソリッドワーグカット 120×299×118mm

梅雨が明けたばかりだというのに連日の猛暑が続きます。この夏の暑さを忘れさせてくれるかのような野田雄一さんのガラスのオブジェが届きました。『宇宙卵』小さなガラスの中に透き通るような宇宙が広がります。毎日見ていても飽きない、僕には不思議の世界です。お出かけいただきぜひご覧下さい。

絵と、暮らすこと I 邸

望月通陽 ヨブ記1章

このところBlogもFacebookも更新が滞っていましたが梅雨もあけたところで復活です。九州北部豪雨のあと、体調思わしくなく溜まっていた仕事もようやく終わって、痞えが取れました。八月のガラス絵展の案内状もきょう出来上がってきて準備完了です。『絵と、暮らすこと』の始まりと同時にお買い上げ頂きました I 様からご自宅に掛けた望月さんのヨブ記の画像を送っていただきました。新築のマンション、チェストの上に掛けて頂いたようです。どうぞ引き続き『絵と、暮らすこと』よろしくお願いいたします。今回、望月通陽さんのヨブ記、好評です。8月上旬に2点額装が出来上がってきますが1点は予約済み、和紙に染め色の美しい作品です。どうぞご用命くださいませ。

暑中お見舞い申し上げます

コレクションの誘い

どうやら九州北部、大分も梅雨明けしたようです。それにしても熱い一日になりました。昨日は休みで曇りのお天気、自宅の生垣の剪定を朝から夕方5時まで一日掛りで終わりました。。。 先々週の豪雨から2週間、被災地はもっと大変です。連日の猛暑の中お見舞い申し上げます。

絵と、暮らすこと コレクションの誘い

2017年 7月13日木曜日 - 23日日曜日
12:00 - 18:30 19日水曜日は休廊

「坐辺師友」という北大路魯山人の言葉があります。「身のまわりにあるものが自分の師となり友となる」というような意味ですが、「絵と、暮らすこと」は特別なことではなく傍のあって心地いいと感じていただけるもの。そんな暮らしをはじめるきっかけになれば幸いです。
望月通陽 Giobbe 1
望月通陽 Giobbe.1 ヨブ記1章21節 380×260mm 限定38部 2015年
私は裸で 母の胎を出た。裸で そこに帰ろう。 SOLD 《額装中 8月上旬入荷》


絵と、暮らすこと『 T 邸 』

T邸1
望月通陽 和紙 / 型染め 左から NARCISSUS  Giobbe.1(ヨブ記1章)

 T邸2 T邸3
 原 陽子 ガラス絵 家のかたち      高山辰雄 リトグラフ 窓のある

先日、台風の通り過ぎた夕方(豪雨の前)ちょっとの晴れ間にお客様のお宅にお届けに伺いました。次の展覧会「コレクションの誘い」のために額装した望月通陽さんと、8月の展覧会「ガラス絵展」のために届いたばかりの原陽子さんのガラス絵、額装して初めて展示した高山辰雄「窓のある」を画廊でご自宅の写真を見ながら決めていただきました。絵をお買い上げになるのは初めてとのことでしたが、好みの作品に出会えたようでよかったです。ご覧のように玄関のエントランスは凝ったレンガの壁でしたが望月さん2点はぴったりと納まってホッとしました。階段の上り口、原陽子さんのガラス絵は小さいけれど外からの光で不思議な存在感があります。リビングの高山辰雄も優しい色彩でいい感じでした。
最近、新築のマンションや一戸建てが建ちあがっているのに、みなさん暮らしの中のアートはどうしていらっしゃいますか? アートなんて必要ない? まずは自分が心地よく、楽しく暮らすこと、そんな暮らし方をはじめてみてはいかがでしょうか。そんなお手伝いができればと思います。

ガラス 夏の和色

織姫と彦星、九州からは雨で渡るのが見えそうにありません。天の川は静かでしょうか。
扇田さんのHOUSEはこれでさいごの紹介です。翡翠色(ひすいいろ)はわずかの光でも美しい、葡萄色(えびいろ)は夏の強い日差しがあたると濃い紅のルビー色に変わります。葡萄と書いて『えび』とは山葡萄の古名らしい、翡翠色といい葡萄色といい日本の色の名前はおしゃれ、ですよね。

 扇田克也 翡翠色 扇田克也 葡萄色

 左から翡翠色(ひすいいろ)葡萄色(えびいろ)

 扇田克也 HOUSE キャスト技法ガラス h50×w40×d40mm
 価格:(1個)10,800円(税込・送料別)

ガラス 夏の和色

九州の雨、いまは小康状態なのか時々日差しの出る蒸し暑いお天気、まだ明日までは大雨が降る予報です。雨も降ってもらわないと困るけどどしゃ降りの雨は恐ろしい、まして昨夜は雷鳴が朝方までやまず、眠れない夜を過ごしました。天で鳴り、地に響き渡る物凄さ、どんなスピーカーをもってしても再生不可能な音だなと、妙なことを考えながら朝方にやっと少し眠りました。一夜が明けて被害のニュースが次々と報じられます。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
さて、一昨日に続いて扇田克也さんの一番小さいサイズのHOUSEのご紹介です。いま私の手元にあるのはこれだけ、左から夏っぽく、向日葵色(ひまわりいろ)水浅葱(みずあさぎ)虹色(にじいろ)薄萌葱(うすもえぎ)かな、逆光でも夜の蛍光灯の灯でも微かに光ります。傍の置いて眺めるのも愉しいものです。
扇田克也 HOUSE 5
左から
向日葵色(ひまわりいろ)水浅葱(みずあさぎ)虹色(にじいろ)薄萌葱(うすもえぎ)

扇田克也 HOUSE キャスト技法ガラス h38×w30×d30㎜ 
価格:(1個)5,400円(税込・送料別)

扇田克也 HOUSE

少し丸みをおびたカタチはガラスの持つ冷たい印象を、人の手作りによる柔らかな雰囲気へと変えてくれる。ざらりとした氷砂糖のようなガラスを通る光はやさしく、観る人の心を和ませてくれる。もう何年も『家』のカタチは変わらない。用の美とは違うが傍らに置いてずっと一緒に暮らしたい、そんな気持ちにさせてくれる美しさがある。
扇田克也 HOUSE 50
扇田克也 HOUSE キャスト技法ガラス h75×w75×d75㎜ 
価格:54.000円(税込・送料無料)

晴耕雨読

7月に入った途端に梅雨空から真夏の太陽が顔を出して三十度越えの夏日になりました。この季節、空は暗く、気分は晴れません。雨の日は音楽でも聴きながら読書を楽しむのもいいでしょう。傍らに好みの絵を一枚飾るだけで暮らしが楽しくなる、そんな出会いはいかがでしょうか。

《展覧会予告》
絵と、暮らすこと - コレクションの誘い
2017年 7月13日木曜日 - 23日日曜日
山中現 雨
山中 現 雨 ドライポイント 97×78mm 限定30部 2001年
額サイズ:315×294mm

望月通陽

 和紙染め額 新着作品

望月通陽 Giobbe 1
  SOLD 《額装中》
  Giobbe 1

望月通陽 NARCISSUS
  SOLD
  NARCISSUS




 和紙染め額 『聖書をめぐる8点』より 《再入荷しました》各1点

望月通陽 エッサイの木

 エッサイの木

望月通陽 ああ美しきかな

 ああ美しきかな…

望月通陽 なんぢ書き記せ

 なんぢ書き記せ




 染 布・染 額

望月通陽 幽刻
 SOLD
 幽刻

望月通陽 十三世紀木彫降架像
 SOLD
十三世紀木彫降架像

望月通陽 復活祭

 復活祭


望月通陽 フェリシテ

 フェリシテ 「至福」

望月通陽 春の雨の季節には

春の雨の季節には

望月通陽 穂波を抜けて草の道

穂波を抜けて草の道

何事にも時があり

 何事にも時があり




 望月通陽 2014年 
開いた空 より 〔染額〕 和紙 ◆ 作家からの取り寄せ後の納品です。

望月通陽 祈る人の花

祈る人の花

望月通陽 さきがける鳥

さきがける鳥

望月通陽 この土地の歌

この土地の歌

望月通陽 空に蒔く種

空に蒔く種



望月通陽 驟雨

驟雨

望月通陽 霖雨

霖雨

望月通陽 雨を売る人

雨を売る人

望月通陽 森の底まで

森の底まで



望月通陽 花信到来

花信到来

望月通陽 夢に咲く花

夢に咲く花

望月通陽 星が生まれる

星が生まれる

望月通陽 待つための音楽

待つための音楽



望月通陽 秋籠り

秋籠り

望月通陽 開いた空

開いた空

望月通陽 蜃気楼

蜃気楼

望月通陽 彗星

彗星



望月通陽 緑の部屋

緑の部屋

望月通陽 ブランコ雲

ブランコ



Nella Fantasia 〔染額〕 綿 ◆ 作家からの取り寄せ後の納品です。

望月通陽 花のペダル

花のペダル

望月通陽 秋のハーブ

秋のハーブ

望月通陽 鈴の枝

鈴の枝

望月通陽 若い鹿

若い鹿



望月通陽 鳥の気配

鳥の気配

望月通陽 つばめ

つばめ

望月通陽 すぎてゆく影

すぎてゆく影

望月通陽 オラクルの杖

オラクルの杖



子守歌より 〔染額〕 ◆ 作家からの取り寄せ後の納品です。

望月通陽 歌の椅子

 歌の椅子

望月通陽 草の羽根

 草の羽根

望月通陽 草のドーム

 草のドーム




 和紙染め額

望月通陽 朝の柳
 SOLD
 朝の柳




 ブロンズ

 望月通陽 静謐計
 SOLD
 静謐計




 つつ描き

望月通陽 つつ描
SOLD
つつ描 ・絹麻

望月通陽「つつ描D」
SOLD
つつ描 ・絹紬

望月通陽「つつ描F」
SOLD
つつ描 ・絹麻 




 望月 通陽 Michiaki Mochizuki

 1953年(昭和28年) 静岡生まれ。
 染色、陶芸、ガラス絵、紙版画、リトグラフ、木彫、ブロンズなど、
 多様な手法を用いて独自の作品世界を築いている。
 「宮本輝全集(全14巻)」など装幀も多く手がけ、'95年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。
 画文集「道に降りた散歩家」で'01年ボローニア国際児童図書展賞次席受賞。
 作品集『円周の羊』(新潮社)、画文集『方舟に積むものは』など。
 ほか、本の装幀、装画、CD(波多野睦美作品等)装画などを数多く手がける。
 現在/静岡県在住

舟越 桂

版画 / Collection New Prints 2017


舟越桂 青い頭巾
 青い頭巾
 額装中

舟越桂 ヘルメット
 ヘルメット

舟越桂 海への言葉
 海への言葉




舟越桂 少年
  少年

舟越桂 離陸
 離陸

舟越桂 海に届くために
 海に届くために
 額装中


 
【1993年 - 2008年】


舟越桂 眠るの街へ
 眠りの街へ

舟越桂 長い曲
 長い曲

舟越桂 高い木の上で
 高い木の上で





舟越桂 会話の帽子
 会話の帽子
 SOLD

舟越桂 私の中のスフィンクス
 私の中のスフィンクス

舟越桂 スフィンクス、問う
 スフィンクス、問う




舟越桂 砂の町のスフィンクス
 砂の街のスフィンクス
 再入荷 新額装
 
舟越桂 言葉の帽子
 言葉の帽子
 SOLD
 
舟越桂 眠りの街のスフィンクス
 眠りの街のスフィンクス
 SOLD



 
舟越桂 夜を眠らず
 夜を眠らず



 
 価格等については、お気軽に画廊までお問い合わせください。

スウェーデンアイビー

スウェーデンアイビー

舟越桂新作版画展はきょうが最終日となります。多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。また、お買い上げいただきましたお客様には深く感謝申し上げます。
引き続き舟越桂さんの作品はご紹介いたしますのでご用命くださいませ。
最終日にスウェーデンアイビーの鉢植えをいただきました。これはその昔、画廊で育てていたものを差し上げたのですが、多くの方に差し上げていたらいつの間にか画廊の親株が絶えてしまいました。「うちで育てたものを持ってきてあげる。」と言って持ってきてくれました。嬉しいです。伸びてきたら切って、水を張った花瓶に挿しておくと簡単に根を出して増やせて、人に差し上げられるので「しあわせ草」とも言うそうです。(お花屋さんの奥さんが言っていたのですが。。。?)外で育てられていたのか元気いっぱい。画廊で大切に育てます。

FUNAKOSHI Katsura New Prints

舟越桂 離陸
5. 離陸 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25


2013年に続いて二度目の表現になるメゾチントの版画5点と小さなドライポイントの版画1点の、計6点の新作で構成された新作版画展も残すところ3日になりました。
(25日日曜日まで)
黒の技法と呼ばれるメゾチントは、簡単に説明すれば黒い画面を削って白の画面を研ぎ出す明暗と濃淡の銅版画なのです。日本人の作家では長谷川潔、浜口陽三が知られています。舟越さんは黒の画面をサンドペーパーで削って諧調を作るという彫刻家ならではの大胆な作品と、黒の画面から遠く浮遊する「離陸」のようなプリミティブな作品とそれぞれ違った繊細な表現に引き込まれます。以前のスフィンクスとはも一つ違った内なる表現、常に挑戦的、次の彫刻へと繋がる新しい段階に入ったような気がします。ぜひご覧ください。

舟越 桂 新作版画展

舟越桂新作版画展

 舟越桂新作版画展 舟越桂新作版画展

展覧会の最初の土曜日、お客様も平日にくらべると多い一日でした。午後からの営業ですから一日があっという間に過ぎてしまいます。舟越さんの版画、新作とこれまでの作品を合わせて16点展示しました。今の仕事を見ていただくのには新作が、それでも前のリトグラフや銅版画も魅力的な作品が多いです。愉しんでいただきながらお客様も迷われます。明日は日曜日、お時間があればお出かけくださいませ。

舟越 桂 新作版画展

2017年  新作版画

舟越桂 青い頭巾
1. 青い頭巾 メゾチント、ドライポイント、アクアチント 695×530mm ed.25
 額付:367,200円(税込・送料無料) ●●  版元 完売


舟越桂 ヘルメット
2. ヘルメット メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 海への言葉
3. 海への言葉 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 少年
4. 少年 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 離陸
5. 離陸 メゾチント、ドライポイント 695×530mm ed.25
 額付:313,200円(税込・送料無料) 


舟越桂 海に届くために
6. 海に届くために ドライポイント、エングレービング 301×240mm ed.25
 額付:124,200円(税込・送料無料) ●●

舟越 桂 版画展 展示2《過去の作品から》

舟越桂 眠るの街へ
7. 眠りの街へ リトグラフ 760×560mm ed.50 1993年


舟越桂 長い曲
8. 長い曲 リトグラフ 760×560mm ed.50 1993年


舟越桂 高い木の上で
9. 高い木の上で リトグラフ 760×570mm ed.50 1994年


舟越桂 会話の帽子
10. 会話の帽子 リトグラフ 660×500mm ed.50 1994年 SOLD


舟越桂 私の中のスフィンクス
11. 私の中のスフィンクス ダイレクトグラビア 940×770mm 2008年


舟越桂 スフィンクス、問う
12. スフィンクス、問う ダイレクトグラビア 940×770mm 2008年


舟越桂 砂の町のスフィンクス
13. 砂の街のスフィンクス アクアチント、ソフトグラウンド、エングレービング、
 ドライポイント 695×575mm 2008年 再入荷 新額装


舟越桂 言葉の帽子
14. 言葉の帽子 アクアチント、スピットバイト、ソフトグラウンド、ドライポイント
 705×582mm ed.40 1998年 SOLD


舟越桂 眠りの街のスフィンクス
15. 眠りの街のスフィンクス ソフトグラウンド、エングレービング、ドライポイント
 695×575mm ed.25 2008年 SOLD


舟越桂 夜を眠らず
16. 夜を眠らず アクアチント、エングレービング、ドライポイント 
 685×575mm ed30 2005年

舟越 桂 新作版画展

2017年6月15日木曜日 - 25日日曜日
12:00 - 18:30 21日水曜日休廊

日本を代表する現代彫刻家 - 舟越桂さんの4年ぶりの新作版画展を開催いたします。’80年代から楠を素材にどこか遠くを見つめる静謐な木彫像を制作、その幻想的な視線の先は、過去、それとも未来を見つめるような - 静かな時が流れ、見る人の心を癒してくれます。今回の新作版画は前回に続いてのメゾチントの技法。サンドペーパーなどで直接に削って諧調作るという彫刻家ならではの独自の方法で制作、これまで様々な制作方法で挑戦し変化をし続ける舟越桂の版画作品を、ぜひご覧下さい。 

 新作版画6点を中心に、旧作も含め全15点を展示いたします。

舟越桂新作版画展 2017

舟越 桂 新作版画展

2017年6月15日木曜日 - 25日日曜日
12:00 - 18:30 21日水曜日休廊

日本を代表する現代彫刻家 - 舟越桂さんの4年ぶりの新作版画展を開催いたします。’80年代から楠を素材にどこか遠くを見つめる静謐な木彫像を制作、その幻想的な視線の先は、過去、それとも未来を見つめるような - 静かな時が流れ、見る人の心を癒してくれます。今回の新作版画は前回に続いてのメゾチントの技法。サンドペーパーなどで直接に削って諧調作るという彫刻家ならではの独自の方法で制作、これまで様々な制作方法で挑戦し変化をし続ける舟越桂の版画作品を、ぜひご覧下さい。 

 新作版画6点を中心に、旧作も含め全15点を展示いたします。
舟越桂 青い頭巾
1. 青い頭巾 メゾチント、ドライポイント、アクアチント 695×530㎜ ed.25


舟越桂 FUNAKOSHI Katsura
1951 岩手県生まれ
1975 東京造形大学彫刻科卒業
1977 東京芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
1986 文化庁芸術家在外研修員としてロンドンに滞在(-'87)
1995 第26回中原悌二郎賞優秀賞受賞
1997 第18回平櫛田中賞受賞
2003 第33回中原悌二郎賞本賞受賞
2009 第50回毎日芸術賞受賞
    平成20年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞
2011 紫綬褒章受章

〔個展〕
1982 ギャラリー・オカベ、東京
1985 西村画廊、東京('88,'90,'91,'93,'95,'96,'01,'02,'06,'08,'10)
1989 コム・デ・ギャルソン、東京
    アーノルド・ハースタンド&カンパニー、ニューヨーク(-'90)
1991 アネリー・ジュダ・ファイン・アート、ロンドン('96,'99,'11)
1993 「今日の作家たち V―'93 坂倉新平・舟越桂展」神奈川県立近代美術館
1994 スティーヴン・ワーツ・ギャラリー、サンフランシスコ
    アンドレ・エメリック・ギャラリー、ニューヨーク(-'95)
1997 「第18回平櫛田中賞受賞記念展」井原市立田中美術館、岡山
2000 レックリングハウゼン美術館、ドイツ
    ハイルブロン市立美術館、ドイツ
2003 「舟越桂 Works:1980-2003」東京都現代美術館/栃木県立美術館/北海道立
    旭川美術館/高松市美術館/岩手県立美術館/広島市現代美術館(-'04)
    「舟越桂 全版画展」日本橋三越、東京
2005 「舟越桂、エルンスト・バルラッハ 時間の地図」
    アネリー・ジュダ・ファイン・アート、ロンドン/
    エルンスト・バルラッハ・ハウス、ハンブルク、ドイツ
    「舟越桂デッサン展 深い線を」東京造形大学ZOKEIギャラリー、東京
2006 シテ・デュ・リーヴル、エクス=アン=プロヴァンス、フランス
2007 「舟越桂 自分の顔に語る 他人の顔に聴く」東北芸術工科大学、山形
2008 グリーンバーグ・ヴァン・ドーレン・ギャラリー、ニューヨーク
    「舟越桂 夏の邸宅 アール・デコ空間と彫刻、ドローイング、版画」
    東京都庭園美術館
    アンドーギャラリー、東京
2010 「舟越桂 2010」熊本市現代美術館
2011 「舟越桂展」香美市立美術館、高知
2012 「舟越桂の版画」須坂版画美術館、長野
    「舟越桂 2012 永遠をみるひと」メナード美術館、愛知
2014 アンドーギャラリー、東京
2015 「舟越桂 私の中のスフィンクス」兵庫県立美術館/群馬県立館林美術館/
    三重県立美術館/新潟市美術館(-'16)

北大路魯山人展

OPAM 大分県立美術館

午前中の画廊に来る前に大分県立美術館で開催中の「北大路魯山人展」を見て来ました。明日が最終日とあって観覧の人たちも多く会場は賑わっていました。以前に北九州市立美術館で観た展覧会に比べれば作品も少なかったですが、作品の見せ方に工夫が凝らされていていい感じでした。足早に会場を後にして常設展示のコレクション展 - 水に憩うを覗く、郷土出身の作家の作品を中心に展示されていましたが、出口の壁に磯見輝夫の木版画「水浴」が展示されていました。好きな作家さんだけに嬉しいですね。そんな朝のひと時、周りの新緑も美しく至福のときを過ごすことができました。魯山人展の室礼に学んで、名品は持っていませんが自分でもどう遊ぼうかとワクワクさせられた展覧会でした。
画廊の筆塚稔尚展と北大路魯山人展は明日11日日曜日まで。お見逃しなく!

関心・感動・感謝

筆塚稔尚 rain song 2
筆塚稔尚 rain song 2 ビュラン、手染楮紙 160×220mm 限定35部 2014年


梅雨の中休みといっても二日ほど降ってから晴れのお天気が続きます。今日は気温も上がって画廊はクーラーを入れないと暑いほどになりました。梅雨に「雨を愉しむ」筆塚さんの版画は好評です。今日は新聞のギャラリー欄を見たと男性のお客様がお見えになりました。小さな雨の絵の紹介記事でしたが心に響いたそうです。嬉しいですね。もう定年を迎えて第二の人生を歩んでおられる年齢、若い頃は働くばかりで絵までは考えてなかったが、今から愉しみたいとお買い上げいただきました。これもまた嬉しい。今朝、あさイチのプレミアムトークは加山雄三さんでした。80歳とか、若いですね。最後の方で人生の三冠王の話、それは、関心、感動、感謝、だそうです。いつまでも持ち続けたい。心して受け止めました。