みさき画廊  絵と、暮らすこと

《開催中の展覧会》 ガラス絵展 picture painted on glass  2017. 8 / 3 thu - 27 sun 〔水曜日休廊〕

宮脇愛子 UTSUROHI


宮脇愛子 うつろい86a 紅




  「UTSUROHI 86-A」
  
   
   画面:33.0×45.0㎝
   シルクスクリーン
   限定:20部
   制作:1986年
   








宮脇愛子 うつろい86b 紅




  「UTSUROHI 86-B」
  
   
   画面:33.0×45.0㎝
   シルクスクリーン
   限定:20部
   制作:1986年
   








宮脇愛子 うつろい86c 紅




  「UTSUROHI 86-C」
  
   
   画面:33.0×45.0㎝
   シルクスクリーン
   限定:20部
   制作:1986年
   







Portfolio of three original silkscreens

UTSUROHI 86-A 33.0×45.0㎝
UTSUROHI 86-B 33.0×45.0㎝
UTSUROHI 86-C 33.0×45.0㎝

PaperーArches
PrinterーClear Graphic
Edition-20, A.P-5
Published on 1986



Aiko Miyawaki 宮脇愛子

1929年東京都生まれ。1952年日本女子大学文学部史学科卒業。阿部展也、斎藤義重に師事。
1957-66年欧米各地に滞在し、制作活動を行なう。真鍮、石、ガラスを用いた立体作品のほか油彩や墨絵を制作。
代表的な彫刻作品《うつろひ》は、モンジュイック・オリンピック広場(バルセロナ)、ラ・デファンス(パリ)
奈義町現代美術館など世界各地にコレクションされている。
1998年神奈川県立近代美術館で回顧展、国内外で個展多数開催。