みさき画廊  絵と、暮らすこと

《開催中の展覧会》 ガラス絵展 picture painted on glass  2017. 8 / 3 thu - 27 sun 〔水曜日休廊〕

舟越桂さんのリトグラフ

舟越桂 水の下の小石
 水の下の小石 The Small Stone Beneath the Water 1993 SOLD

リトグラフ(石版画)は版材に石灰石や亜鉛板、アルミ版を使った平版です。平版(平の版)の上に作家がリトクレヨンや解き墨を使って、絵を描くのと同じようイメージを直接描画して作ります。リトグラフはどちらかと云えばベタッとした平坦な仕上がりになることがあるのですが、舟越さんのこの版画は印刷用のトナーを水に溶かずに粉のまま筆で描いて、火であぶって亜鉛板に定着させる方法をとったのだそうです。それによって墨の強い線と柔らかな濃淡が生まれ美しい模様となって、リトグラフの特性がうまく生かされた作品になっていると思います。パントゥル・グラヴール(peintre-graveur〈仏〉)「画家にして版画家」という意味ですが、まさに芸術的なオリジナル版画を作るアーティストなのです。