みさき画廊  絵と、暮らすこと

《開催中の展覧会》 ガラス絵展 picture painted on glass  2017. 8 / 3 thu - 27 sun 〔水曜日休廊〕

香月泰男 石版画集「裸婦」より

香月泰男 裸婦No.76
石版画集「裸婦」より 36.5×53.0 限定75部 1971年 香月泰男全版画集No.76 SOLD


生涯で160余点の版画作品を残した作品の中でも、石版画集「裸婦」は比較的大きな版画です。摺り師の木村希八さんは本の中で「この裸婦のシリースは芝の迎賓館(東京都庭園美術館)の一室を借りて、モデルを前に直接ジンク版に描いてもらいました。」また「先生自身はこれらの作品を気に入っておられたようでした。」と当時の制作について書かれていました。 出雲特漉和紙に摺られ生漉奉書に貼り込まれたこれらの作品は、モノクロ版画ですが紙の色とで日本的な表現、和の雰囲気をあわせもった版画に仕上がっています。傍らにおいて愉しんでいただける版画かと思います。